世の中の会社は2種類に分けられる

こんにちは!19入社の川野です!

最近風邪が流行っていますがみなさん大丈夫ですか??
私はしっかり風邪ひきました。笑
そして連鎖して咳とまらない病が発症しました( ・∇・)

良いことも悪いことも
ひとつのことに連鎖して起こることってよくありますよね。
ねぎたっぷりのたこやきを食べようとしたら
ねぎが落ちて、あ、と思ったらたこやきも落ちる。みたいな。

さて、今日お話するのはタイトルの通り
世の中の会社は2種類に分けられる、というお話です。

世の中にある会社、共通点は
世の中に何かしらの価値を提供している
ということです。

価値を提供することで対価としてお金をもらっていますね。

2種類に分けられる、違いというのは
価値提供の仕方、種類で分けられると思うのです。持論ですが。

ひとつは、世の中の”不”を解決して
マイナスからプラスにする価値提供です。

もうひとつは、世の中をより豊かにする
プラスをさらに大きなプラスにするという価値提供です。

前者と後者、どちらが良いというわけではなく
育ってきた環境や学んできたことなど、ひとによって共感できるところが変わります。

ここの差って結構大きい気がします。

なので、企業の事業を気にしてみるときにどちらの価値提供をしている企業なのか、
また、自分はどちらに共感するのか考えてみてもいいかもしれません。

ということで、今週はこのへんで!
また来週〜〜

=================
↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

takoyaki

国からチョコレート禁止法が出されたら

こんにちは!19入社の川野です!

突然ですが、国からチョコレート禁止法が施行されたらどうしますか?
チョコレートを所持しているのが見つかったら、刑務所行きです。

そんなことあるわけないじゃん!
そう思いますよね。これは小説の中でのお話です。笑

そんな意味不明な物語が書いてあるのが、私が人生でもう4回ほど読み返している本
『チョコレート・アンダーグラウンド』です。

遠い昔、イギリスで国の代表になった「健全健康党」が
お砂糖の入ったお菓子やチョコレートを禁止して取り締まります。

そんな理不尽な国の政党に、
小さな少年ハントリーとスマッジャーが挑むというお話です。

面白おかしく書いていますが、この小説から色々学ぶことができます。

ハントリーとスマッジャーは1920年からアメリカで施行されていた「禁酒法」
の時期に行われていた密売に倣ってチョコレートの密売を試みます。

また、悪の政党「健全健康党」は実は多くの人が支持したため国の代表になったのではなく
多くの人が選挙権があるにも関わらず人任せにして選挙へ行かなかったことが原因なのです。

私が初めてこの小説を読んだのは中学生のときでしたが
これらから歴史や政治について学び、考えさせられました。

小説家は、一見ただのストーリーを書いているように見えて
世間への揶揄を込めていたりするので面白いです。

この小説の作者、アレックス・シアラーさんは
他のどの小説も面白いので機会があればぜひ読んでみていただきたいです^^

では今週はこのへんで!また来週〜〜
=================

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

blog_photo

会社を”人”で選ぶべきひと

こんにちは!19入社の川野です!

ついに社会人になりました!!

私は、この会社で半年前から内定者としてインターンをさせてもらっていたので
さほどフレッシュさはありませんが(笑)
やっぱり同期のみんなと一緒に活動できるのは楽しいです!

今はまだ研修ですが、実務に入って所属が違くなっても
コミュニケーションはとっていたいなあと思います。

さて、今回から「会社選びの軸」についてお話していきたいと思います。

と言っても、
会社選びの軸については人によって違い、全て”自分の判断”だと思うので
自分がどこをいちばん大切にして会社を選んだらいいかわからない!という方に向けて
私の体験も交えながら、「こういう人はここを重視して会社を選んだらいいのでは」
といった考えを書いていけたらと思います。

冒頭にもありましたが、一緒に働く同期や先輩
つまり”一緒に働く人”という軸があるかと思います。

この観点はとても重要です。

松下幸之助の著書にも『事業は人なり』というものがあり
とても共感できます。

・周りの環境で自分の意識も変化しやすい
・チームで何かを達成したい
・ベンチャー企業で働きたい

という方は”一緒に働く人”という観点には重きを置いて企業を選ぶといいかもしれません。

どれだけ自分だけで頑張ろうと思っても限界があります。
会社をチームとしてみたときに波長が合うか、同じ方向を向いている人が多いか
ここらへんは重要 です。

また、ベンチャー企業になればなるほど”働く人”で会社がわかります。
そして、ベンチャー企業はさほど社員数が多く、移動も少ないので
上司や同期の存在が大手企業に比べて大きくなります。

私の就活の経験上、業界や会社ごとに”人”のカラーは驚くほど違います。

人事の方から聞く話だけではなく、現場の社員さんとできるだけ多く
お話してみることをおすすめします!

それでは今週はこのへんで!

写真は、人→チームということで、team labのものを。笑

また来週〜〜
=================
↓2月説明会情報↓
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

teamlab

会社を”条件”で選ぶべき人

こんにちは!19入社の川野です!

先日休日に、葛西臨海公園にお花見をしに行きました。
4月の1週目で、お天気も良く暖かくで最高のお花見日和でした^^

みなさんは休日、どのように過ごしますか?

私は、気分転換にお散歩をするか、寝るか、
普段手の回らないインプットの時間にあてるか、
小説を読むか、美味しいものを探して歩き回るか、
等いろんなことをしています。

休日って大事ですよね。

ただ、休める日は休む中で、仕事ややることが終わらなくて
ちゃんと休める休日がなくなる、なんてことも少なくありません。

でも私はこれはこれであり、というか好んで
このような環境に身を置いています。

今回お話したいのは、会社を”条件”で選ぶべきだ
と私が思う人の属性・特徴です。

・プライベートを大切にしたい人
・守るものがあって安定した生活を望んでいる人
・同じ会社に長く勤めたいと思う人

は会社を”条件”で選ぶといいと思います。

条件、とは具体的に
お給料/休暇/福利厚生 などのことです。

初任給やお給料は気にする部分かもしれませんが
他は、皆さんが企業選びをするときにあまりチェックしない項目かもしれません。

ただ、お給料の上がり幅、結婚・出産・弔辞等でもらえる給付金
有給数、その他休暇等、詳しく見ると会社によってものすごく差があります。

住宅手当等もあるかないかで、以外と普段の生活が大きく変わってくるんです。

なので、しっかり休日をとって、それなりに安定した暮らしをしたい
という人は会社紹介のHPの募集要項の条件面を詳しく見てみるといいと思います。

有給消化率もでている企業は注目してみるといいと思います!

ぜひ参考にしてみてください^^
それでは今週はこのへんで〜〜
また来週!

=================
↓2月説明会情報↓
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

churipu

面接力を伸ばす唯一の方法【面接の心得④】

こんにちは!19入社の川野です!

先日、友達の結婚式に行ってきました。
同じ年ですが、すでに子供も2人いて優しい旦那さんと
とっても幸せそうに微笑む友達を見てとっても幸せな気分になりました。

結婚式いくと結婚したくなるとよく聞いていましたが
その意味がやっとわかりました。笑

さて、話は変わって先日から続いている面接の心得シリーズ
ひとまずは、今回で最後にしたいと思います。

最後にみなさんにお伝えしたいのは、
今まで受けてきたテストと同じように、面接にも復習が必要ということです。

面接が終わるといつも
「ああ〜緊張したらお腹すいた!ご飯食べよ!」
となっていませんか?笑

緊張していることから解放されると
とりあえず気分転換をしたくなりますよね。

わかります。

まずは気分転換するのもいいと思いますが、
その後にしっかりと振り返りの時間をとることが大事です。

何を聞かれて、どう答えたのか。
面接の最後にあった質問の時間でしれた業界・会社のこと。
面接官からもらったフィードバック。

全てを忘れないうちにインプットすると
次受ける会社で同じ質問がきたときに、迷わず答えられるようになります。

OB・OG訪問に関して書いた前の記事でも言いましたが
インプット→アウトプット→内省(振り返り)
の流れがとっても大事です。

この振り返りの時間があるだけで、”面接力”は圧倒的に伸びます。

この時期、面接をたくさん受けて心身ともに大変な時期かと思いますが
ぜひ、あと一息頑張ってください!

アイデンティティーでも、就活生のみなさんのことをお待ちしてます^^

それでは今週はこのへんで!
また来週〜〜
=================
↓2月説明会情報↓
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

sakura

面接官の頭の中

みなさんこんにちは!月曜担当の川野です!

私ごとですが、4月1日 月曜日
いよいよこの会社アイデンティティーに入社しました!!
おめでたい!

週5で働くのは初めてで、早起きできるかしら、とか不安もたくさんありますが
それよりも自分のやりたいことにフルコミットできる時期になったと嬉しく思います!

さてさて、先々週からの面接の心得について
私なりの考えを書くコーナーも第3週目を迎えました。

今日は、面接での受け答えについて書きたいと思います。

面接官が
「学生時代は何のサークルに入ってた?」
「家族構成は?」
というような質問をしてきたとき、どのように答えますか?

「学生時代はフットサルサークルに入ってました!」
「6人家族で両親と姉、弟が2人います!」

と”ふつー”に答えていませんか?
悪くはありませんが”ふつー”です。

残念ながら、面接官はあなたが所属していたサークルや家族構成に
興味があるわけではありません。笑
家族構成なんかに関しては、仮に入社することになったら
その後100回くらい聞き直されます。

面接官が聞きたい、見たいのは皆さんの「本質」です。

今までしてきた経験を通して、
どんな人格が構成されたのか、それが会社に合うのか
ということに非常にアンテナを張っています。

聞かれたことに、自分の目線で答えるのではなく
”面接官が知りたいと思うこと”を意識してみてください。

あともうひとつ、面接官のポジションも意識してみてください。
「人事」なのか「役員」なのか「社長」なのか
同じ質問でも知りたいことが変わってくるかもしれません。

緊張してそれどころではないという方は、ぜひ↓こちらの
https://www.passion-navi.com/company/message_detail/2772/60671
記事も読んでみてください^^

それでは今週はこの辺で!
写真は、また行ってきました「森の図書室」。笑

=================
↓2月説明会情報↓
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

IMG_6945

スーツって、暑くない?【面接の心得②】

こんにちは!月曜担当の川野です!

すっかり暖かくなって
段々と上着なしでも過ごせる気温になってきましたね。

この、上着がいらずファッションを色々楽しめるこの季節を
ずっと心待ちにしていました(´∀`*)

ただ、就活生の皆さんはこの時期、
リクルートスーツに身を包んでいることが多いのではないでしょうか。

スーツって暑くないですか?
(時期的に暑くなるのはこれからかもしれませんが)
スーツってつまらなくないですか?

毎日スーツに身を包んで説明会や面接に向かいながらも
うんうん、と頷いている方も多いと思います。

それでは、なんでスーツ、それもリクルートスーツを着るのでしょうか?

会社によってはスーツ着用、と指定されているところもあると思いますが
わざわざ真っ黒無地のリクルートスーツを買いに行く必要があるのでしょうか?

…と言いながら、私も最初の方はしっかり
姉のお下がりのリクルートスーツを着て就活していましたが。笑

でも就活を通してだんだん不思議に思ったのは
「ただの平社員はなりたくありません!」
「誰よりも活躍して成長したいです!」
とみんな口ではいいながら、一様に同じ格好をして一様の就活をしているなあ。
というところです。

私の中では、リクルートスーツ=固定概念
というイメージがあります。
(このイメージこそ固定概念と言われてしまえばそこまでですが)

リクルートスーツを着るな、ということではありませんが
リクルートスーツで自分を縛らない方が自分にとって良い就活ができるのではないかと思います。

ただ、見た目は大事です。
第一印象が9割とも言われるほど、見た目の印象は大事ですので
視覚的に否定的な印象は与えないけれども印象に残るよう「見た目」にも気をつけて
面接に臨めるといいなあと思います。

それでは今週はこのへんで!
写真はスーツ暑いで思い出した、汗をかくほど辛かったお鍋です。
めっちゃ美味しかったです。笑

=================
↓2月説明会情報↓
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog

Instagram

Image from iOS

共有できる「好きなこと」

こんにちは!月曜担当の川野です!

すこしずつ暖かくなってきて嬉しいのとは裏腹に
花粉症の人にとっては辛い季節になってきましたね。。

お花見はしたいけど花粉が怖くて…
外に出るのも辛いので、いい対策があれば教えて欲しいです(T ^ T)

さて、話は変わりますが
この前、知り合いのソムリエさんが主催するワイン講習会に参加させていただきました。

普段はルーツや詳しい情報などは知らずに飲んでいて
知識として色々知れたら面白いだろうな〜
と思っていたので、とても良い機会でした!

「キャンベルアーリー」という葡萄からつくられる、いちごの香りがするワインや、
「カメレオン」という飲み頃になったらパッケージの色が変わるワインなど
飲んだこと、見たことのないワインがたくさんありました。

さらに、ワインそれぞれに合うチーズやごはんなども用意されていて
とっても勉強になり、面白く、そして何より美味しくて最高でした。

ワインひとつとっても、奥が深く、色々なことを知りながら飲むと
また普段と違う楽しみ方ができるなあと思いました。

また『教養としてのワイン』という本が出版されるほど
ワインを知ることで歴史を辿れたり、歳上の方と飲みに行くときの話題になったりと
プラスになることが多いなあと感じます。

ワインは好き嫌いの個人差があるかもしれないので
自分の好きなことからでも、人と共有できる知識をつけておくのもいいかもしれません。

就活中でも、ふとした会話で面接官と話題が盛り上がったり
そこで打ち解けて自分を知ってもらえるなんてこともあるかもしれません。

私も実際、お酒の話で盛り上がって飲みに連れて行ってもらったなんて経験もあるので
面接だから「真面目なことを言わなきゃ」とか「仕事の話をしなきゃ」
と気張るのではなく、自分を知ってもらおうというスタンスで気軽にお話ができるといいですね!

それでは今週はこのへんで〜!

~代表登壇!急成長の秘密を直接が聞ける説明会~
随時開催しておりますので、ぜひご参加下さい!

↓2月説明会情報↓
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

スクリーンショット 2019-03-03 19.32.02-min

満員電車で学ぶこと

こんにちは!月曜担当の川野です!

先週、インターンで朝9時に出社しようとしたところ
停電の影響で電車が止まり、入場規制にまでなってしまいました。

ただでさえ混んでいる電車が、ありえないほど満員に。。

大学生のときは、起きれないのと満員電車がイヤなので
必死に一限を避けて生きてきたので、
否応無しに満員電車と闘う社会人の凄さを感じます。

1日分の体力を使い果たすし1日分のストレスを溜めるしで
一生好きになれる気はしませんが
そんな満員電車からも学ぶことはあります。笑

満員電車のような色んな面で余裕がない空間では
いちばん人間の”素”の姿が見れます。

整列なんて関係なしに我先に座席に向かう人
自分からぶつかっても目も合わせず立ち去る人

そういう人を見ると、その瞬間は「え」と思ってしまいます。
でも、それをわかった上で席を譲ってみたり
先に謝ってみたりすると、相手の反応が変わります。

人間の性質をわかった上で、それに対する行動をする
一種心理学的な要素を勉強すると
就活の面接でも、面接官の意図する質問や傾向がわかってくるかもしれません。

もうひとつ、満員電車から学ぶことは
ストレスに感じるのであれば極力その状況を避けた方が良いということです。笑

就活はただでさえプレッシャーやストレスがかかると思うので
減らせるストレスは極力減らした方がいいです。

個人差はあると思いますが、
満員電車に巻き込まれずに通勤・通学ができるだけで
大きくストレスは減るはずです。

満員電車に巻き込まれないように、少し早く家を出たり
友達の家が近くにあるのだとしたら泊ったりしてみるのもいいと思います。

ぜひ、ストレスフリーの就活ライフにしてください^^
それでは今週はこのへんで!
画像は、東洋経済さんで衝撃の記事をみつけたので…笑

~代表登壇!急成長の秘密を直接が聞ける説明会~
随時開催しておりますので、ぜひご参加下さい!

↓2月説明会情報↓
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

スクリーンショット 2019-02-26 13.05.14

運も実力のうち

こんにちは!月曜担当の川野です!

就活生のみなさんはそれどころではないかもしれませんが
学生は春休みの時期ですね。
渋谷も春休み満喫中の中高生で溢れかえってますよ〜

私の高校3年生の弟も、先日受験に受かったようで
最近は毎日が日曜日のような生活をしています。笑

そんな弟は、高校受験は途中で挫折し、
私立の高校に行ったにも関わらず学校へ行かなくなり
最終的には、お世辞にも弟自身にとって良いとは言えない学校に転学する始末。

川野家が誇る、問題児です。笑

ただ、高校3年生になった途端
一念発起して猛勉強をはじめました。

本当に人が変わったように、寝ても覚めても勉強。
今まで勉強してこなかった分、自分の無力さに絶望しながらも頑張っていました。

一年間必死に頑張っていましたが、
やはり大学受験レベルの遅れを取り返すには期間が短く
滑り止めにしていた大学もなかなか受からず苦戦していました。

しかし、最後の最後で第一志望群の大学に合格!
しかも、受けていた中で一番偏差値の高い大学だったんです。
運が味方してくれたとしか言いようがありません。笑

運なので、自分の実力以上の何かが作用したのかもしれませんが
”人事を尽くして天命を待つ”という言葉があるように
自分ができることをやりきっていない状況では、決して運が味方をしてくれることはないと思います。

その意を含んで”運も実力のうち”という言葉があるのではないでしょうか。

短い就活の期間で自分にとって良い企業に出会えるとしたら
それはめちゃめちゃラッキーなことです。
よくあることではありません。

なので、就活生のみなさん
運を引き寄せられるように、
「今」できることをやりきれるよう頑張ってください^^

それでは今週はこのへんで!
写真は近所で咲いていた梅の花です。春ですね。

~代表登壇!急成長の秘密を直接が聞ける説明会~
随時開催しておりますので、ぜひご参加下さい!

↓2月説明会情報↓
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

↓20卒エントリーはこちら↓
https://www.passion-navi.com/company/index/2772

↓identityのことをもっと知りたい?↓
20卒採用ページ
identityblog
Instagram

 

umenohana