就活は「弱み」が強い

皆さん、こんにちは!
日曜日になりましたので、ブログを投稿をします。土屋です。

就活では「自分の強み」を披露する場面が多々あると思います。

しかし、当時の僕は「自分の強み」が何なのかさっぱりわかりませんでした。

そのため、何とかテンプレに当てはめて、暗記するという有様でした。

ただ、不思議と「自分の弱み」に関していくらでも語ることが出来ました。

そして、そんな「弱み」を披露することができた面接では高い評価を頂けました。

一見、面接で「弱み」をさらけ出すことはマイナスなことだと思われます。僕も最初そう思っていました。

しかし、SHOWROOMの代表の前田祐二さんは「弱み」に関してこんなことを言っています。

「弱みを正直にさらけ出せる人は、周囲の人に応援されます。人の心を動かすストーリーがあるからです。そしてその弱みが「前向き」であるほど、人の心に刺さります。僕はの弱みを「前向きな余白」と呼んでいます。」

「自分には強みがない!」という就活生の方は一度、「前向きな余白」について考えてみてはいかがでしょうか?

僕はあまり意識していませんでしが、結果的に面接では自分のコンプレックスや過去の失敗談などを語ることを武器にしていました。

それでは、引き続き就活を頑張ってください!

写真は先日見た映画「ウェストン・チャーチル~ヒトラーから世界を救った男~」です。

とても面白かったので、就活の合間などに見て頂けたら嬉しいです。

それではまた来週~

______________________________
ア、、イ、デン、、ティティー、?渋谷で圧倒的な成長を遂げているITの総合人材会社! 20卒採用説明会開催しまーす!!!

応募予約フォームはこちらから→ポチッと

まだ足りない?メンバーたちのリアルな顔が見れちゃう

→20卒採用ページ

→identityblog

→Instagram83F28475-6CE5-464D-97F3-7D55C3D10A32