“そもそも”の話

みなさん、こんにちは!月曜担当の川野です!

そういえば、ちょうど1週間前は成人の日でしたね。

私の20歳の弟も、成人式に参加してきたみたいです。

私は東京出身で今も地元に住んでいるということもあり

成人式といっても特別なことはないな~、と思い行きませんでした。

カラフルな袴を着た成人たちが暴走しているイメージが強く

そもそも成人式って何のためにあるんだろう

と疑問に思ったことは覚えています。笑

調べてみると

昔は、男の子が髪型や服装を大人のものに改める「元服」や

女の子が結婚が決まったときや決まりそうなときに行う「裳着」

という儀式が成人式にあたっていたそうです。

この儀式は20歳よりもはるか前に行われていたようですが

現在のように20歳に統一して地域の新成人が一堂に会して行う成人式が行われるようになったのは、

1946年、埼玉県の現 蕨市で開催された「青年祭」が発祥だそうです。

元服や裳着が元になっているものだとすると

成人式は”通過儀礼”のような意味を持つものになります。

でも今は、成人式の形も地域によって多様化してきており

”お祝い”や”同窓会”といった意味合いが強くなってきているように感じます。

だから良いというわけでも、悪いというわけでもありませんが!笑

今回私がお伝えしたいのは、

どんなことに対しても「そもそも何で」という「Why

を考えることはとっても大事ということです。

「そもそも何でお給料の高い会社に行きたいんだっけ?」

「そもそも何で転勤したくないんだっけ?」

「そもそも何で就活してるんだっけ?」

という問いに対する解が”目的”です。

今みなさんがしていることは、その目的に直結するものですか?

私も時々「そもそも」を考えてみると無駄に労力を使っているなあ

と思うことがたくさんあります;;

少し意識するだけで、だいぶ楽になったりするので

ぜひ試してみてください^^

それでは今週はこのへんで!

また来週~

今日の写真は、20歳の春に撮った(たぶん)

桜です。懐かしい。。

IMG_4991

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>